BLOGブログ
BLOG

便秘改善 食事編

2023/12/15
ロゴ
こんにちは、KAIFACTORYです。
昨日に引き続き、便秘解消便について
書いていきます。
今回は食事編です。
 
 
肉類の摂りすぎは気を付けて!
早速ですが、便秘になりやすい
食べ物に「肉類」が挙げられます。
肉類はほとんどが腸で吸収されるので
便の量が減ります。
便の量が減るとぜんどう運動
(便を押し出すはたらき)が
弱まるため、便秘になりがちです。
また悪玉菌を発生させることで、
腸内環境を悪化させるとも
言われています。
適量であれば動物性の脂が
含まれているのでお通じに
良いとも考えられますので、
あくまで摂りすぎは注意です。
偏った食事にせず、バランス良く
取るように心がけましょう。
☆食物繊維、やっぱり野菜!
 
野菜、それも根菜や葉物野菜に
含まれている食物繊維は、
腸で吸収されないので
そのまま便の材料になります。
つまり便の量を増やして、
排便をスムーズにしてくれる
大事なものなのです。

アフリカの先住民族には、
ほとんど便秘が見られません。
なぜかというと食物繊維の多い
炭水化物を常食としているために、
便の量が多く、食べ物が腸内を
通過する時間も短いからです。
日本人ももともとは食物繊維を
多くとる民族でしたが、
食生活の欧米化に伴って
食物繊維が少ない食事に
変わることで、便秘になる
人が増えています。
 
野菜には多くの栄養素や
食物繊維を含んでいるものが
あります。
ごぼうやイモなどの根菜や、
ほうれん草やモロヘイヤなどの
葉物野菜です。
食物繊維は、
消化されずそのまま
腸に届いて便として排出されます。
そのため、過剰に摂取しても体に
吸収したり蓄積することが
ありません。
便の量が増えることで、便秘の
改善につながり、老廃物も一緒に
出してくれます。
ただし、
生野菜は体を冷やすので、
炒めたり煮込んだりして野菜に
火を通してお召し上がりください😌