BLOGブログ
BLOG

姿勢を正す小胸筋

2023/12/08
ロゴ

こんにちは、KAIFACTORYです。

今回は、呼吸に関わる筋肉、小胸筋について

書いていきます。

小胸筋は胸の一番大きな筋肉(大胸筋)の

奥にあり、左右それぞれの肩甲骨

からろっ骨にかけてついています。

主な役割は、肩甲骨の動きや、呼吸を

する時にろっ骨を引き上げるサポートを

しています。

 

さて、この小胸筋ですが、日常生活で

このような姿勢が定着している場合は

固くなっているかもしれません。

 

・長時間のデスクワークやスマホの使用



・鞄を持つときいつも同じ肩にかける


 

・寝る時肩を下にして横向きで寝る

 

 

小胸筋が固くなると、肩や腕が前に

引っ張られ、巻き肩と呼ばれる姿勢に

なります。

また、肩甲骨の動きに制限がかかり、

高いところのものを取るのが辛くなる、

といった日常の動作に影響が出ることが

あります。

さらに、小胸筋はろっ骨を引き上げ、

呼吸を助けている筋肉であることから、

小胸筋が硬くなると、呼吸にも制限が

かかります。

呼吸をする際に動く横隔膜に制限を加え、

深い呼吸ができなくなったり胸の苦しさ

などに繋がったりする場合もあります。

 

そこで、座ったまま出来る、小胸筋の

ストレッチをご紹介します☆

 

①片腕を斜め下45度に伸ばします。

もう一方の手は小胸筋あたりに当てて、

肩を後ろに引きます。

 

②伸ばした腕をゆっくり後ろに引きながら、

手の甲と手のひらが交互に正面を

向くように、 肩甲骨から腕全体を

大きく捻ります。

※手首だけを返さないように注意!

反対側も同様に行います。

 

呼吸を深めて身体も心もリラックスした

状態をつくるために、小胸筋のストレッチを

やってみましょう!